フォトコンテスト 


2015年度フォトコンテスト 入賞作品

受賞作品は、オリジナルポストカードや展示会出展やWeb素材として、 アースウォッチの広報に広く活用させていただきます。

nikon

各々の写真をクリックすると、大きなサイズでご覧いただけます

グランプリ

作品名 Peaceful Kayak Cruise
写真の説明 Looking for signs of beavers on the Niers River
参加調査名 ドイツライン川流域のビーバー
撮影者 Lawrence Jones
撮影年月・場所 2015年8月 ドイツ

優秀賞

作品名 親子?それともカップル?
写真の説明 コスタリカ熱帯雲霧林に棲息する多様なLeaf Frogの一種
参加調査名 コスタリカの哺乳類
撮影者 高山 進
撮影年月・場所 2015年6月 コスタリカ

優秀賞

作品名 見つめ合い
写真の説明 野生の大羊と遭遇。しばし緊張の時間が流れます
参加調査名 モンゴル大草原の野生生物
撮影者 岩城 達之助
撮影年月・場所 2014年9月 モンゴル

特別賞


  アースウォッチ特別賞を「東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト 干潟調査」の
  一連の作品に授与しました。(2016年3月26日)


作品名(左から) 「干潟が残ればゴカイも出てくる」
「来年の調査はできないも」
「希少種勢揃い」
写真の説明(左から) 防潮堤の復興工事が進行する中、残された干潟にはゴカイをはじめとして多くの生きものが棲みついている。
震災復興でコンクリートの堤防が波打ち際に整備されると、調査すべき干潟が無くなってしまうかもしれない。
ひとつの干潟にウミニナ類の希少種がまとまって暮らしているのは珍しい。上から時計回りにフトヘナタリ、ウミニナ、ホソウミニナ、イボウミニナ、カワアイ。この中でホソウミニナ以外は絶滅危惧種である。
参加調査名 東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト 干潟調査
撮影者 鈴木 孝男
撮影年月・場所 2014年5月~2015年7月・福島県&宮城県

佳作

 
作品名 調査enjoy!
参加調査名 東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト 干潟調査
撮影者 齋藤 ほのか
撮影年月日 2014年6月
場所 宮城県松島湾波津々浦
作品名 共同作業
参加調査名 マジェテ野生動物保護区におけるマラウィの動物たち
撮影者 近藤 明子
撮影年月日 2014年10月
場所 マラウィ
作品名 白保の朝
参加調査名 石垣島白保のサンゴ礁
撮影者 大冨 哲也
撮影年月日 2015年9月
場所 沖縄県石垣島白保
 
作品名 生態調査
参加調査名 ウガンダの森でチンパンジーを追う
撮影者 森田 正吾
撮影年月日 2014年8月
場所 ウガンダ共和国
作品名 マジェテのシンボル
参加調査名 マジェテ野生動物保護区におけるマラウィの動物たち
撮影者 茶木 香保里
撮影年月日 2014年7月
場所 マラウィ
作品名 アカウミガメ計測調査
参加調査名 種子島のアカウミガメ
撮影者 水野 康次郎
撮影年月日 2015年6月
場所 鹿児島県中種子町長浜海岸
 
作品名 実験装置セット完了(組写真)
参加調査名 沖縄のサンゴ礁
撮影者 中島 茂範
撮影年月日 2015年8月
場所 沖縄県本部町