3182

Wildlife & Ecosystems

キューバの生物多様性マッピング調査

カリブ海の最大の島で研究者たちと一緒に鳥類や両生類の多様性を調査してください


Download briefing PDF project details

The facts

調査の重要性

Why the research is important

This study could help to establish local and national guidelines to conserve and protect biodiversity in Cuba during a time of increasing economic development.

研究者と野生生物管理官は、キューバの保護区の野生生物の状況をより詳細に把握し、このような種がより良い状態で保護されることを望んでいます。

キューバのローマス・デ・バナオ生態系保護区とトゥナス・デ・ザザ野生生物保護区は生物多様性のホットスポットであり、研究者たちは保護区内に生息する種と個体群の大きさについても調査しています。研究者たちは保護区に生息する野生生物の基礎知識を確立し、その後、時間をかけて観光や土地開発の増加など人間による長期的な影響をモニタリングしたいと考えています。

The findings from this project will greatly contribute to managing protected areas and helping to conserve Cuba’s biodiversity.

現地の地域社会との交流を通じ、本プロジェクトはキューバ中部の保護区を管理する最良の方法に現地の人々の意見も取り入れます。地域社会へ働きかけ、関わっていくことは、ローマス・デ・バナオ生態系保護区とトゥナス・デ・ザザ野生生物保護区の管理や保護に現地住民の参加を促し、最終的には保護区内での野生生物の密漁や森林伐採の減少に役立ちます。

本プロジェクトの調査結果は、土地開発と野生生物への脅威が増している現在、これらの保護区の管理とキューバの生物多様性保護の支援に大きな貢献をすることになります。

調査地

Lomas de Banao Ecological Reserve, Sancti Spíritus, Cuba, Central America & The Caribbean

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

ACTIVITY LEVEL

VERY ACTIVE

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

Natalia A.
Rossi
Cuba Country Manager, Mesoamerica and Western Caribbean Program, Wildlife Conservation Society

ABOUT Natalia A. Rossi

ナタリア・ロッシ博士は野生生物保護協会の中米・西カリブプログラムのキューバ地区のマネージャーです。重大な岐路に立たされているキューバの野生生物と自然環境に対し、博士は保護区の管理や持続可能な漁業を推進する野生生物保護協会のキューバプログラムの整備を主導しています。

READ MORE +

宿泊施設と食事

Accommodations and Food