3183

Wildlife & Ecosystems

スコットランドのハイランド地方を自然に返す

北スコットランドで丘陵地帯の自然を回復する活動に研究者が取り組んでいます。この活動には、土地固有の樹木や草花の植えつけから、姿を消した在来の動物種の復帰計画まで含まれています。


The facts

調査の重要性

Why the research is important

In most of the Scottish Highlands, red deer and domestic sheep have significantly damaged heather and forest communities. This damage is related to the extermination of carnivores that preyed on these species, namely wolves.

およそ2000年前、森林伐採、オオカミやヒグマなど固有動物種の駆逐、そして外来家畜の導入が始まり、大規模な自然破壊が始まりました。

Research

The data collected will help determine whether to reintroduce wolves and brown bears to this iconic landscape.

モニタリングと適応管理戦略を欠いた生態系回復は、しばしば失敗や目標に達しないという事態に陥ります。今回のプロジェクトで行われる調査では、アラデール自然保護区とTENTがこれまで行った投資が、最大限、科学的に支持され、今後の自然回復活動を最適な方法で支援し、前進させることを確認し、管理・保全活動にも協力します。

また今回のプロジェクトは、特にスコットランドの北部自然林と泥炭地帯の保全、自然回復、生息地の維持に多大な貢献をします。収集されたデータは、このような自然環境に将来的に追加して実施される自然回復対策にも活用されます。アラデール自然保護区の調査チームはこの地域を泥炭地帯、森林、樹齢の異なる樹木の林、年代の異なるヒースの群落から成る、昔通りの姿に戻す取り組みをしています。このような植生の組み合わせは生態学上回復力の高い自然環境を作り出すのです。

調査地

Alladale Wilderness Reserve, United Kingdom, Europe & Russia

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

ACTIVITY LEVEL

VERY ACTIVE

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

Cristina
Eisenberg
アースウォッチ研究所主任研究員、スミソニアン保全生物学研究所研究員

ABOUT Cristina Eisenberg

森林生態学者で野生生物生態学者でもあるエイゼンバーグ博士は、家族とともに20年以上住んでいるモンタナ州の奥地に生態系の重要動物種であるオオカミが自然に戻ってきた時から、オオカミに興味を持つようになりました。

READ MORE +

MEET THE OTHER SCIENTISTS

宿泊施設と食事

Accommodations and Food