生態系サービス

固有種ニホンイシガメの保全(1月)

里山の現状と人為的な環境改変がもたらす影響を探る
Supported by 住宅エコポイント


固有種ニホンイシガメの保全(1月)
Conservation of Indigenous Turtle

この調査地では、固有種であるニホンイシガメ(以下:イシガメ)とクサガメが同所的に生息しています。本プロジェクトの主任研究者は、1997~2002年まで継続した調査を実施し、生息するカメの個体数を推定、また季節的に河川の分布に変化が見られることを確認しました。
調査地では、河川に新しい橋を渡すため河床を一部掘削し護岸された他に、水田を分割するように道路の建設が始まりました。これらの人為的な環境の改変が、淡水性カメ類にどういった影響を与えるのか、その影響を明らかにすることを目的とします。
また、昨今、人的な環境の改変や外来種の侵入による影響で、淡水性カメ類は個体数が減っていると指摘されていますが、過去の生息数に関する知見は乏しい状況です。現在、哺乳類による捕食の増加により、ニホンイシガメとクサガメの生息数に重大な影響が出てきているため、この状況の追跡調査も行います。
これらの調査は、人為的な環境の改変がカメへ与える影響を示すデータが乏しいので、今後のカメならびに水田や河川周辺部を利用する生物の生息環境を保全するための基礎資料のひとつとなります。

概要

研究分担金

11,000円
(宿泊費・滞在費含む。交通費は別途自己負担)

募集人数

最少1人
最大6人
(定員になり次第締め切り)

調査地域

千葉県君津市

現地調査日

2014年
1月25日(土)〜26日(日)
[1泊2日]
※日帰りでのご参加希望がありましたら、事務局にご相談ください。

ボランティアの役割

推定個体数、種構成、雌雄比、体サイズ構成とを比較するデータを収集します。

冬の調査では河川を歩き、川底の横穴や淵で休眠しているカメを手探りでみつけ、捕獲します。その後測定、捕獲場所の記録などを行います。
調査結果は、今後のカメならびに水田や河川周辺部を利用する生物の生息環境を保全するための基礎資料となります。

1)カメの捕獲
河川に胴長靴で入り、河床の横穴や淵に手を突っ込んで、手の感覚を頼りにカメを捕獲します。

2)カメの計測
捕獲したカメのからだの部位(背甲長・腹甲長・背甲幅長・体重・・・等)を計測します。

3)計測データの記録
(種・性別・からだの部位の測定値・・・等)を記録します。

4)測定後にカメを川に返します。

今年の調査は、工事施行後3年がたち、工事試行前の推定個体数、種構成、雌雄比、体サイズ構成とを比較します。

※泥の中、河川を1キロ程度歩きます。気温・天候により水温は10℃以下になる場合もあります。

研究者の紹介

小菅 康弘先生(こすげ やすひろ)
NPO法人カメネットワークジャパン/代表理事

ABOUT

日本固有種の淡水性カメ類を研究。1997年に千葉県君津市でクサガメとニホンイシガメの調査を開始し、2006年からは千葉県君津市で、アースウォッチの「固有種ニホンイシガメの保全」プロジェクトの主任研究者を務め、ボランティアと共に調査を続ける。
2006年からアースウォッチの主任研究者を務める。
<執筆原稿など>
「日本産淡水性カメ類の現在と未来」(ハペトロジー、2005年8月号)ほか

小林 頼太先生(こばやし らいた)
新潟大学 研究推進機構 超域学術院 朱鷺・自然再生学研究センター 博士(農学)
NPO法人 カメネットワークジャパン 理事

ABOUT

主にカミツキガメなど外来種の淡水性カメ類を研究。千葉県印旛沼を中心に、カミツキガメなどの外来種のカメの生息状況や、個体数管理手法について調査研究を行っています。

鈴木 大先生(すずき だい)
九州大学大学院 比較社会文化研究院 生物多様性講座 特任助教、 九州大学アジア保全生態学センター

ABOUT

遺伝的変異に基づいた、淡水性カメ類、特にニホンイシガメとクサガメの進化史に関する研究を行っています。
<執筆原稿など> Suzuki, D. and Hikida, T. (2011) Mitochondrial phylogeography of the Japanese pond turtle, Mauremys japonica (Testudines, Geoemydidae). Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research 49(2):141-147 Suzuki, D., Ota, H., Oh, H. and Hikida, T. (2011) Origin of Japanese populations of Reeves' pond turtle, Mauremys reevesii (Reptilia: Geoemydidae), as inferred by a molecular approach. Chelonian Conservation and Biology 10(2):237-249

注意事項

  • 当日の現地までの交通手段と現地到着時間は、プロジェクト開始10日前までに事務局にお知らせください。
  • プロジェクト開始10日前で募集最少人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承ください。
  • 申し込みされた方には中止が決定され次第、ご案内いたします。
  • アースウォッチの野外調査プロジェクトはボランティア傷害保険に加入しています。
  • アースウォッチのプロジェクトはカーボンオフセットを行っています。