終了しましたアースウォッチ・ミニトーク「干潟の生きものたちの3.11-鈴木孝男主任研究者に聞く」を開催します。


アースウォッチ・ミニトーク「干潟の生きものたちの3.11-鈴木孝男主任研究者に聞く」を開催します。

2011年3月11日に発生した地震と津波により、東北地方は甚大な被害を受けました。 東北の被災地の多くは、海の恵みや田んぼの営みなど、生態系の恵み(生態系サービス)を最大限に利用する生活をしてきた地域です。 今、できるだけ早い復興は共通した願いですが、環境への影響評価を行うことなく、早急に山や森を削り、川や海、そして田んぼの生物多様性や生態系への配慮のない造成は、生態系サービスを低下させて、被災地以外にも多くの二次的な災害を生み出しかねません。 私たちは、この地の農林水産業が享受すべき将来の生態系からの恵みを見据え、海や田んぼの生態系の豊かさや生物多様性を育む「グリーン復興」を行うことで、農林水産業と共に生きてきた地域が、より着実に力強く復興すると信じています。
今回は干潟の調査の主任研究者の一人である鈴木孝男先生に、調査の様子やこれまでの成果についてお話しいただきます。

講師 鈴木 孝男 (東北大学 大学院 生命科学研究科 助教)
開催日時 5月23日(金)18:30~20:00
募集 先着24名/申込制
対象 大人(高校生以上)
参加費 500円(ワンドリンク付き)
会場 ECOM駿河台(エコムスルガダイ)
東京都千代田区カンダ駿河台3-11-1 三井住友海上駿河台新館よこ
お申込み info@earthwatch.jp